クレジットカード審査が不安な方。コレを知っておくと便利です!

 

クレジットカードは1枚持っていると、現金が無くても買い物が出来るので非常に便利ですよね。ただ、審査に時間がかかるということ、審査が非常に難しいということから、直ぐには作れないというデメリットがあります。クレジットカードの「クレジット」は英語で「信用」という意味があり、その意味の通り「信用を元に発行」しているため、審査に時間がかかるのです。

 

クレジットカードが直ぐに欲しいという方もいらっしゃると思います。そういった方たちにお勧めなのが【カードローン】です。カードローンはクレジットカードと同様にカードが発行されるので、融資限度額内であれば、必要な時に必要な分だけお金を借りることができます。借入はもちろん、返済もカードを使って、お近くの銀行ATMやコンビニATMから利用できるので大変便利です。

 

【カードローン】と聞くと不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、銀行系のキャッシングサービスなら安心ですし、最近ではCMでも多く見るので知名度があり利用者も急増しています。

 

当サイトでは、数あるキャッシングサービスの中でも、『安心』『低金利』『直ぐにお金を借りられる』人気のカードローンを厳選し、見やすいランキングにして紹介しています。どうぞご活用ください!

 


 

信頼と安心の銀行カードローン※イチ押しはこちら

1位三菱東京UFJ銀行カードローン
総量規制の対象外!専業主婦の借入OK

三菱東京UFJ銀行カードローンは実績のある大手銀行が発行しているカードローンなので安心感があります。銀行カードローンは総量規制の対象外となるため、全く収入の無い方でもご自身の身分証明だけで申込みが出来ます。専業主婦に大変人気のカードローンです。直ぐにお金が必要な方は、WEB上で申し込んだ後に、お近くのATMコーナーにあるテレビ窓口でお手続きを完了すると、最短その場でカードが発行されます。

公式HPを見る 詳細を見る
評価 実質年率 最高融資額 審査時間
(5.0点) 4.6-14.6% 10-500万円 最短即日

低金利が嬉しい消費者金融※銀行グループだから安心!

1位プロミス
プロミス
30日間無利息キャッシング

プロミスのカードローンは、初めてプロミスに申し込んだ方でポイントサービスに登録をすると30日間無利息キャッシングが利用出来るというメリットがあります。直ぐにお金を返済出来る見込みがある方には大変お勧めのカードローンです。インターネット上から24時間いつでも申し込むことができ、直ぐにお金が必要な場合は、最短即日で指定された銀行口座へお金を振り込んでもらえることができます。仕事をしている女性にはプロミスレディースキャッシングという、女性専用のサービスもあるので安心して利用できますね。

公式HPを見る 詳細を見る
評価 実質年率 最高融資額 審査時間
(4.0点) 4.5-17.8% 1-500万円 最短即日
2位モビット
インターネットで10秒簡易審査

モビットのカードローンは、インターネット上で借入が出来るかどうか直ぐに結果が表示されるので、直ぐにお金が必要な方には大変便利です。しかも、WEB完結申込みという申し込み方法を利用した場合、郵送物や電話が一切ないので誰にも知られずにプライバシーを保つことができます。登録フォームも少ない項目なので、面倒がキライという方にはインターネット上から申し込むことをおすすめします。

公式HPを見る 詳細を見る
評価 実質年率 最高融資額 審査時間
(4.0点) 4.8-18.0% 1-500万円 最短即日
3位アコムのカードローン
むじんくんで最短即日カード発行可能!

アコムのキャッシングは、オペレーターの対応が良いと評判なので初めてキャッシングを利用する方にお勧めです。インターネット上にはアコムナビも設置されているので初めての方も安心して申込みが出来ます。アコムでは自動審査の他、本審査も最短30分という早さで完了するので、直ぐにお金が必要な方には大変嬉しい早さです。しかも、ウェブ上で申し込んだ後にお近くの自動契約機むじんくんで手続きを完了すると最短その場でカードを受け取る事ができます。

公式HPを見る 詳細を見る
評価 実質年率 最高融資額 審査時間
(4.0点) 4.7-18.0% 1-500万円 最短即日

クレジットカード審査の基準について

「クレジットカード」は例えその場でお金を持ち合わせていなくても、欲しい物が買える魔法のカードです。1枚持っておくと非常に便利なカードです。ただ便利なだけでなく、世界的にはクレジットカードを持っていないと社会的な信用度が無い、というくらいクレジットカードを保持しているかどうかでその人の信用度が決まってきます。

 

では、このクレジットカードですが、どのように成り立っているのでしょう。


クレジットカードを利用する際に、「カード会社」「利用者」と「加盟店」という3つの同盟関係で成り立っています。クレジットカードのCreditという言葉は「信用」という意味なので、3者間の間で「信用」だけを頼りに成り立っていると言えます。

 

まず、カード会社が利用者の信用に基いて契約が交わされます。利用者がカードを利用後、引き落とし日までに銀行に入金するという信用を基に、利用者は実際の支払いをせずに買い物が出来ます。その分の料金はカード会社が利用者の信用を基に立て替えて支払います。その代わり、加盟店ではカード会社へ手数料を支払わなければいけないのですが、お金が無くて買い物が出来ない人を取りこぼす確率が少なくなるので、クレジットカードを利用してくれた方が買い物をする機会も増えるというメリットの方が手数料を支払うより大きいのです。そのような形で「信用」を基に3者間が結ばれてクレジットカードは成り立っています。

 

「クレジットカード」イコール「信用」というほどなので、クレジットカードを作るときには審査が必要になります。残念ながら誰でも直ぐに作れるわけではありません。最近は手数料無料で申し込めるクレジットカードも増えてきていますが、やはり審査は比較的厳しいと言えるでしょう。

 

審査の基準として「3C」と呼ばれる判断基準があります。「Capacity(資力)」「Charactar(性格)」「Capital(資産)」の頭文字を取ったものが3Cです。クレジットカード会社は審査の際に、この3つを評価し判断しているのです。簡単に説明すると、クレジットカードを発行しやすい人というのは、公務員のような堅実な職業や名の知れている一流会社員、弁護士や医者と言った地位の高い職業。そこまでいかなくても、年収が高い、勤続年数が長い、家など所有しているなど、ある程度の社会人として安定している人であれば審査が通りやすいと言えます。

 

逆に、審査が難しそうな人の条件ですが、フリーターやパートなど安定した職に付いていない人、水商売関係、肉体労働者など、敬遠される可能性が高い傾向にあります。クレジットカードは「信用」を基にしたカードなので、カードローンなどのキャッシングよりも若干審査内容が厳しいと言えます。どうしてもカードが欲しい方は、まずカードローンなどのキャッシングサービスを利用し、定職につき収入を安定させ勤続年数を増やし、その後にクレジットカードを申し込んでみると良いかと思います。

 

更新履歴